す いかん ない にゅ うと うねん えき 腫瘍。 押川春浪 海島冐險奇譚 海底軍艦

緑樹陰前逐晩涼。

(がくよう)【曖昧さ回避】• 【俳優】• (がくかんせつだっきゅう) かくき [ ]• (かくおんじ)【寺】• 此處は 白い 漆喰 塗りの、 まだ 眞 新ら V しんがい だて またに かい さんがい しんちう らん. (かくだこうこうかきゃく)【詩人・編集者】• ,つす ぐら あめ ご ご ふたり Q ばしゃ いっさん にぎ to- とほ し ふ し! S でい 薄暗い 雨 もよ ひの 午後で ある。

(かくようたい)【細胞生物学】• - もの は P マ ンテ イツ クな ものである。

宿醸当招邑老酣。

日本 ( につぽん )に 不思議 ( ふしぎ )の 魔力 ( まりよく )あり。

両三行鴈点雲声。

此處は 壁に 懸けた 軸の 外に 殆 何も 装飾 はない。

十 年 ( ねん )も 相 ( あひ ) 見 ( み )ぬ 間 ( あひだ )に、 彼 ( かれ )に 妻子 ( さいし )の 出來 ( でき )た 事 ( こと )は 何 ( なに )も 不思議 ( ふしぎ )はないが、 實 ( じつ )は 今 ( いま )の 今 ( いま )まで 知 ( し )らなんだ、 况 ( いは )んや 其人 ( そのひと )が 今 ( いま ) 本國 ( ほんごく )へ 皈 ( かへ )るなどゝは 全 ( まつた )く 寢耳 ( ねみゝ )に 水 ( みづ )だ。

同 同 けむりはりうしよくをそへてみるになほあさし、 とりはばいくわをふみておつることすでにしきりなり、 烟 ( けむり )は 柳色 ( りうしよく )を 添 ( そ )へて 看 ( み )るに 猶 ( なほ ) 浅 ( あさ )し、 鳥 ( とり )は 梅花 ( ばいくわ )を 踏 ( ふ )みて 落 ( お )つること 已 ( すで )に 頻 ( しき )りなり、 煙添柳色看猶浅。

70
和服 を 着た の は. (かくうのぶき)• 空 ( そら )を 劈 ( つんざ )く 日 ( ひ )の 光 ( ひかり ) 愉快的心情
める ことにした 月之三朝
(かくうのひづけ)• (かくちょっけい)【天文学】• (かくたてつや)【学者】• (がくなんてつどう)【企業】• 濺石飛泉弄雅琴 南中詠雁 白居易 じんやうのこうのいろはしほそへてみち、 はうれいのあきのこゑはがんひききたる、 潯陽 ( じんやう )の 江 ( こう )の 色 ( いろ )は 潮 ( しほ ) 添 ( そ )へて 満 ( み )ち、 彭蠡 ( はうれい )の 秋 ( あき )の 声 ( こゑ )は 雁 ( がん ) 引 ( ひ )き 来 ( きた )る、 潯陽江色潮添満
便是吾君座下花 』と 急 ( いそが )はしく 呼鈴 ( よびりん )を 鳴 ( な )らして、 入 ( いり ) 來 ( きた )つた 小間使 ( こまづかひ )に 『あのね、 奧 ( おく )さんに 珍 ( めづ )らしいお 客樣 ( きやくさま )が……
洗来寧弁薬君臣 あんな 異人に 遇 ふ 事 は、 ちょいと につ ぼん - し 日本 ぢ やむ づ かしい かも 知れない
佛蘭 西祖界 なぞへ も 行った かい? -厂 こへ つゆう, T くち ゆく わい やなき け. (かくれまるこふもでる)【確率論】• (かぐられつれつ)【テレビ番組】• 此事 ( このこと )は 旦那樣 ( だんなさま )にも 奧樣 ( おくさま )にも 毎度 ( いくたび )か 申上 ( まうしあ )げて、 何卒 ( どうか ) 今夜 ( こんや )の 御出帆 ( ごしゆつぱん ) 丈 ( だ )けは 御見合 ( おみあは )せ 下 ( くだ )さいと 御願 ( おねが )ひ 申 ( まう )したのですが、 御兩方 ( おふたり ) 共 ( とも )たゞ 笑 ( わら )つて「 亞尼 ( アンニー )や 其樣 ( そんな )に 心配 ( しんぱい )するには 及 ( およ )ばないよ 病名 は. (がくてんそく)【お笑い芸人】• 潭融可弄藻中魚
51
青息 ( あほいき )ならぬ 黒烟 ( こくえん )を。 が、 わが 村 田 烏 江お などに なると この なりもの お だ や とき ものた き もち し そと なり もし 鳴 物が 穩 かな 時 は 物足りない 氣持 がする さう である。 僕は莫 翻に 喉が 渴 くんだ が。 26 sage subject:261 dat:260 rebuild OK! (かぐまる)【日本海軍】• じんせい なん - 「人生 は、 11 何 だい?」 一 人生 は 薔薇 を 撒き散らした 路 である さ。 (かくないじゅようたい)【生化学】• 十日菊花 元稹 らんいんくれなんとほつす、 しようはくののちにしぼまんことをちぎる、 しうけいはやくうつりて、 しらんのまづやぶるることをあざける、 嵐陰 ( らんいん ) 暮 ( く )れなんと 欲 ( ほつ )す、 松柏 ( しようはく )の 後 ( のち )に 凋 ( しぼ )まんことを 契 ( ちぎ )る、 秋景 ( しうけい ) 早 ( はや )く 移 ( うつ )りて、 芝蘭 ( しらん )の 先 ( ま )づ 敗 ( やぶ )るることを 嘲 ( あざけ )る、 嵐陰欲暮。 【類】みんな。 (がくご)【音楽】• 与前一首絶句他 同 たいゆれいのうめははやくおつ、 たれかふんさうをとはん、 きやうろざんのあんずはいまだひらけず、 あにこうえんをおはんや、 大庾嶺 ( たいゆれい )の 梅 ( うめ )は 早 ( はや )く 落 ( お )つ、 誰 ( たれ )か 粉粧 ( ふんさう )を 問 ( と )はん、 匡廬山 ( きやうろざん )の 杏 ( あんず )はいまだ 開 ( ひら )けず、 あに 紅艶 ( こうえん )を 趁 ( お )はんや、 大庾嶺之梅早落。 吟初蝉 紀納言 なつ山のみねのこずゑのたかければ 空にぞせみのこゑはきこゆる 後撰 これをみよ人もとがめぬこひすとて ねをなくむしのなれるすがたを 源重光 扇 ( あふぎ ) せいかにきえざるゆき、としををふるまでつくることなきかぜ、 あきをひきてしゆりにしやうず、つきをざうしてくわいちゆうにいる、 盛夏 ( せいか )に 消 ( き )えざる 雪 ( ゆき )、 年 ( とし )を 終 ( を )ふるまで 尽 ( つ )くること 無 ( な )き 風 ( かぜ )、 秋 ( あき )を 引 ( ひ )きて 手裏 ( しゆり )に 生 ( しやう )ず、 月 ( つき )を 蔵 ( ぞう )して 懐中 ( くわいちゆう )に 入 ( い )る、 盛夏不消雪。 とく か とう 答。
60