ハプスブルク家 障害。 ハプスブルク展の予習!スペインハプスブルク家の近親婚、王女マルガリータの話

フェルディナント1世(オーストリア) 全くと言っていいほど喋らなかった王様 オーストリア皇帝フェルディナント1世は精神面が弱く、人前で喋ることがほとんどなかったそうです。 政略結婚とは家の利益のために結婚すること 時には相手国の身内になれば 政治利用や外交も簡単になりますよね。 一族の高貴な青い血を重んじた結果近親交配をうみ、断絶したスペイン。 生き物の遺伝子は、特定の病気にかかりやすいなどの問題を持っているものです。 今では世界遺産になっているところも オーストリアのウィーンにあるシェーンブルン宮殿 ハプスブルク家の人々が暮らしていた宮殿は、現在世界遺産になっています。 まわりの人はルドルフ1世にあまり期待していなかったようで、影で皇帝をあやつる人を決めていました。
59 69