捨てられた皇妃 98話。 #捨てられた皇妃 Instagram posts

影演劇と違い、アレンディスは彼女に告白しました。 ルブリスはアリスティアがいつも彼を他の誰かと比べているようだとも言います。 どうしても過去の彼と比べてしまうのだ。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに. パパがこんなにも色々なことを考えていたなんて知らなかったアリスティアはこれまでのことを考えながら王宮の庭園へとやってきました。 庭園で、カイシアンがプリンシアにプロポーズし、2人はとりあえずお付き合いすることになった。 捨てられた皇妃【第64話】の感想! 久しぶりにアレンとの時間を過ごしたティア。 完全に別人です。 陛下の「力」を目の前でまざまざと知らされたアリスティアは、自分がいくら拒否しても陛下の一声で嫁ぐということもありうると考えます。 内容は、騎士団の仕事は楽しいか、ルブリスとは領地で会ったか、そして冬は好きかという世間話のようなものでした。 君が僕だけの女性になってくれるのなら、いくらでも待つからと言い、今度は彼女の肩に顔をうずめる。
61
ルブリスは彼女の手を掴み、病気ではないから大丈夫だという。 これまで時間が巻き戻る前の自分の「悲運」しか頭に無く、どうしてもルブリスから逃げることしか考えられなかったのに、アリスティアもここにきて自分が分からなくなっている様子。 いくら俺がカッコよくても、真に受けられると困る、とふざける彼。 一同は驚き、貴族派はもちろん話が違うと騒ぎますが、モニーク令嬢のティアラは陛下がっ直々に授けた物だと言い、皇妃を迎えないことに対する正当な理由を述べ始めます。 侯爵令嬢は陛下が最も信頼している方の娘であり、神の申し子である、初めからアリスティアが断固として拒んでいれば、王女たちが招かれることはなかったはずだと。
17