花 より 男子 二 次 小説 とりあえず。 L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

慌てた上のスタッフが出てきて、玲人に謝罪したが、彼女は頭を下げなかった。

」 「佐伯?」 聞いたことがない名前だった。

「はい。

ちゃんと自分の気持ちにケジメをつけるべきだ、、、。

」 「わかってない。

ねぇ、花沢類。

」 梓は嬉しそうに帰って行った。

「まだ、しばらくは、あいつは司の影を引きずることになると思う。

88

」 「はい、、、。

梓の誕生日パーティ当日。

「あ、あの?ホントすみませんでした。

悪かったな。

ドレスアップしている姿に、稜は少し怖気づいていた。

君のこと。

2人の様子を見ていた司。

しかし、ソムリエを目指す彼女との話を合わせるために、玲人も必死に、ワインの勉強をして、会話のきっかけをつくっていた。

58 25