コロナ ウイルス 発生 源 コウモリ。 失踪した中国人研究者の「消されたコロナ論文」衝撃の全訳を公開する(時任 兼作)

南華大学の著名中国人研究者が書いた研究論文(今は撤回されている)で感染源であると非難された。
そもそもコウモリの個体数は多く、こうした集団が密集することでウイルス感染のパンデミックを起こしやすい 自然宿主にはコウモリが多く、コウモリの次は霊長類、齧歯類の順になるようだ
WHO調査団は、疫学、ウイルス学、公衆衛生学、動物健康学、食品安全学などの専門家から構成され、2週間の隔離期間を終えた1月28日から現地調査を開始した その中でも、武漢市の華南水産卸売市場が発生源であろうとされてきたが、同市場が発生源であることを立証するこれといった根拠が示されているわけではない
味は鶏肉に似て淡泊だったという コウモリから出現するコロナウイル ワンヘルスサイエンス ワンヘルスサイエンティスト Vol 2, 4; April 5, 2021 コウモリから出現するコロナウイルス 渡辺 俊平 岡山理科大学獣医学部 微生物学 2020年12月現在、世界は依然として新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の制御に困難を抱えている
翌日、中国疾病管理予防センターのトップは、国営テレビで「ヒトヒト感染のリスクは低い」と発表 ・このウイルスは人工的に作られたもののようには見えないが、ウイルスの正確なパターンと遺伝子的祖先の決定が難しい
原因ウイルスは、2002年に中国で流行したSARS coronavirus SARS-CoV)の近縁種であり、SARS coronavirus 2型(SARS-CoV-2)と命名されている そこには、文化、経済、政治的な背景が潜んでいる
また最近ニュースでよく見る エアロゾルによる感染です , "Origin and evolution of pathogenic coronaviruses. 2002年から2003年にかけてSARSは29カ国に広がり、8000人以上が感染、774人が死亡した
「コウモリ」はなぜ「ウイルスの貯水池」なのか 石田雅彦 🔥 Acta Veterinaria Scandinavica 2004, 45:1-9• 一連の調査を終えたWHO調査団は「動物が媒介となり、人に感染した可能性が最も高い 新型コロナウイルスのそもそもの発生源はコウモリだということは共通認識になっているが、4パーセント弱しか違わない雲南省のコウモリのウイルスでも中間宿主を介さずに自然の進化だけで新型コロナウイルスになるためには40年以上の時間が必要とされている
重要な質問にも返答があった」としていた -上からというと、鳥もそうですよね 水谷先生 鳥と違うところは哺乳類ということです
62

種類によっては 超音波を発して水面の変化を察知して水中の魚を捕まえる優秀なコウモリモいるそうです。

1月3日、中国衛生健康委員会は、未知の疾病に関するいかなる情報も出さぬよう研究機関に命じ、研究所に、所持している検体を指定された検査機関に送るか、あるいは破壊するよう命じた。

SARSの場合はタヌキやジャコウネコを介して人に感染したが、「新型コロナウイルスについても中間宿主(新型コロナウイルスの遺伝子情報と99%以上が一致しているウイルスを体内に保有)をなんとしてでも見つけ出さなければならない」とWHOが考えていることは間違いない。

「ウイルスの発生源の解明に向けて、さらなる研究が必要で、今後も継続していく」 新型コロナウイルスの発生源を調べるため世界保健機関(WHO)が中国湖北省武漢市に派遣した調査団は2月9日記者会見を行い、今回の結果をこのように語った。

論文の筆者は、少なくとも300種類のコロナウイルスが今もコウモリの間に広まっていると指摘している。

29