ケトチフェン 点眼。 ケトチフェン点眼液0.05%「杏林」|共創未来ファーマ株式会社

1滴点眼したあと、ゆっくりと目を閉じ、まばたきをしないで しばらく目を閉じていてください。

抗ヒスタミン作用による即効性と、メディエーター遊離抑制作用による予防効果が期待できます。

通常の量では問題はありませんが、沢山点眼しベンザルコニウム濃度が上昇すると、安全域を超えてしまって角膜剥離のリスクが高まります。

抗アレルギー薬に関しては、ケトチフェンPF点眼液0. 01% ケトチフェンPF点眼液0.05%「日点」 ザジテン点眼液0. (30代病院勤務医、形成外科)• (30代病院勤務医、麻酔科). ここで記載した薬価は大部分の会社が提示している代表的な薬価を記載しましたが、多少前後することがあるため注意しましょう。

点眼した時に液が眼瞼皮膚等についた場合は、すぐにふき取るよう指導する。

ゼペリン点眼液0. このように、ジェネリック医薬品であるケトチフェン点眼液は、先発品であるケトチフェン点眼液の半分以下の薬価で購入できます。

妊婦の方には比較的安全に使われております。

しかしアレルギー性結膜炎の場合はコンタクトレンズの装着自体を避けた方がいいため、コンタクトレンズの装着については主治医の判断となりますが、 薬剤とコンタクトレンズとの影響は問題無しとなっています。

しかし安全だからといって、使用回数を超えてよいというものではありません。

抗ヒスタミン薬としてよく使用されるものとしては、• 3.ケトチフェン点眼液点眼液の使用方法と注意点 ケトチフェン点眼液は通常、1回1滴を1日4回、朝・昼・夕・寝る前に点眼します。

99 78

それでは、ケトチフェン点眼液の点眼液はどのように使うのかみていきましょう。

2.投与時: 1).点眼した時に液が眼瞼皮膚等についた場合は、すぐにふき取るよう指導する。

同時に2滴、3滴入れたから効果が倍増するわけではありません。

・広く知られた薬剤であり、使い慣れている。

抗アレルギー点眼薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年5月更新)• 花粉症というのは体が花粉を敵と認識して外に出そうとする防御反応です。

また、特別目がしみるような成分は入ってないため、安心して使用して良いと思います。

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

引用元 インタール点眼液添付文書 その他の注意事項 添付文書にはソフトコンタクトレンズの記載はありませんが、ベンザルコニウム塩化物を含むため注意が必要です。

「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」 というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。

3).ベンザルコニウム塩化物によりソフトコンタクトレンズを変色させることがあるので、ソフトコンタクトレンズを装用している場合は、点眼前にレンズを外し、点眼15分以上経過後に再装用する。

45