三島 由紀夫 自決。 澁澤龍彦は〈この痛恨やる方なきニュース〉を友人からの電話で知る|昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃|中川右介

何れにしても自身のたった一つの生命をあんな風に終わらせたのだから、あのような最後こそが三島由紀夫としての最高点だったのだろう。
三島由紀夫文学館館長。 もつともいまぢや、海なんてものはたいして役に立たないんだけれど。 東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(7億円)などの資産を築いた。 いまや日本の将来を託するに足るのは、実に十代の若者の他はないのです」と申しました。 山崎陸将補も斬りつけられ、幕僚らは総監の安全も考え、一旦退散することにした。
軍刀仕様にした日本刀・関孫六と革製アタッシュケースを提げ、車までゆっくりと歩いた三島は、「命令書はしかと判ったか」と助手席に乗り込み、「命令書を読んだな、おれの命令は絶対だぞ」、「あと3時間ぐらいで死ぬなんて考えられんな」などと言った。 三島は総監に「今日は楯の会の例会で優秀な4人を表彰する。 三島事件の経緯、流れ 市ヶ谷駐屯地は現在の防衛省がある場所 三島、総監を監禁する 1970年11月25日午前11時前、三島由紀夫は楯の会のメンバーとともに市ヶ谷駐屯地を訪れました。 何の訓練も経ずに座業からいきなりここへ飛び込んだら、おそらくついては行けまい。 三島は新宿の街を歩きながら、「だめだよ、これでは。 その答えは記事の末尾で書こうと思う。 まあ海でへだてられてゐますからね。