シビック セダン。 ホンダ シビック セダン|価格・新型情報・グレード諸元

ソニックグレーパール(有料色)• 2Lと1. なかでも、シビック・セダンはモータースポーツの空力色が濃い1台である。

ホンダには今後もアコード、インサイトの続く良質なセダンを作り続けていってもらいたい 「EX」と「ツーリング」に搭載される4気筒 1. ミッションは、フロアシフト式5速ATと一部に5速マニュアル
視認性の高いLEDハイマウントストップランプを内蔵し、揚力を抑えて空力を高める大型テールゲートスポイラーを装着 レーシングカーにとっての空力性能は、動力性能と並ぶほど重要だ
直列4気筒エンジンは、1. ワイド&ローを基調とするスタイリッシュな3ドアハッチバックモデルと、積載性の高いトランクルームをもった4ドアセダンモデルを用意 2度目の生産終了で駆け込み需要が急増? ホンダ「シビック セダン」が2020年8月に生産終了となりました
シビック セダンの実燃費 現在、シビック セダンに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「」によると、シビック セダンの実燃費は、 13. 2インチデジタルメーター メーターには、「LX」グレードで7インチ液晶パネル、「EX」グレードで最新の10. 今後も各メーカーのニューモデルや話題の車をバッチリ紹介していきます 後部のキャラクターラインは、フロントドアの下部からリアドアを越えてリアフェンダーまで上昇させることで躍動感を高めている
「ハッチバック」は、エクステリアは前後バンパー、フロントグリル、リアロアガーニッシュやアルミホイールのデザイン変更に加え、トップロードサンルーフを追加し機能的かつスポーティーなシルエットをさらに磨きあげた 出典: さらにシビックの派生モデルで、昨年 2018年 12月に発売されたばかりの インサイトもファミリーの1台と言えます
2L自然吸気の専用エンジン(K20A型 225馬力)と、6速MTを搭載するピュアスポーツモデル「タイプR」は、電動格納式リモコンカラードドアミラーを標準装備し、新形状のリアコンビネーションランプを装着した ボディラインが把握しにくく車庫入れがしにくい
車重は1390kgと軽量 なおボディカラーは、メテオライトグレーメタリック、ソニックグレーパール、シビック専用の新色モーニングミストブルーメタリックを含む8パターンとなる
6L+4WD仕様車「RT」系グレードとなる FFもしくはリアルタイム4WD駆動で、ミッションはインパネに配置されるゲート式シフトの自動無段変速AT(ホンダマルチマチックS)か4速AT
ライバルとなりそうな BMW3シリーズや アウディーA4とも十分勝負できそうです…. ボディ剛性を向上し、乗り心地をアップ• 今回の2010年モデルは、従来の走行性能や洗練された乗り味はそのままに、ダーククロームメッキの加飾パーツを追加するなど質感を高めた 車高が低いこともありブレない
4ドアセダンボディに、2L自然吸気の専用エンジン(K20A型 225馬力)を搭載し、6速マニュアルトランスミッションを採用 シビックセダンとグレイスの生産終了について、ホンダ広報部は「シビックセダンとグレイスというセダンが2台ほぼ同時に消えるのはホンダとしても残念ですが、選択と集中という流れのなかでの計画的な生産終了となります」とコメント
5L VTEC TURBOエンジンとCVTを組み合わせた「セダン」、2L VTEC TURBOエンジンと6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた「タイプR」、また、「ハッチバック」、「セダン」のCVT車に先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を設定 1998年9月3日、マイナーチェンジにより新規排ガス規制に対応し、ボディデザインなどが変更されました
ロー&ワイドを基本に機能美を追求した造形で、ダイナミック性能を高めながら、動体としての姿をより美しく魅せるスタイリングを実現 後席はルーフが下がっている分、シートも沈み込む形になっており、非常 続きを読む に広く感じる
ホンダ シビック CVCC(1973年) 1972年から1974年まで3年連続でモーターファン誌 カー・オブ・ザ・イヤー受賞とCVCC開発において科学技術庁長官賞を受賞しました 7LがX4をラインアップ
また、6MT車のシフトノブの形状を変更し、ショートストローク化することにより、小気味よく決まるシフトチェンジを目指した ボディカラーは、「ミラノレッド」、「フロストホワイト」、「グラナダブラック・パール」の3色を設定した
45
今回、シビック/シビックハイブリッド共通で、新デザインのフロントグリルとフロントバンパーを採用。 大人4人でも快適に移動できる空間が確保されている。 ファミリーユースの4ドアセダンタイプは、外観の変更点として、バンパー、ボンネット、ヘッドライト、フロントコンビ、リアコンビ&リアパネル、モール&プロテクター等を一新、ボリューム感あるスタイルとしている。 【エクステリア】 セダンといえどクーペに近いデザインで購入の決め手となりました。 7LがX4をラインアップ。
27