メリッサ スー アンダーソン。 メリッサ・スー・アンダーソン

- (英語)• 2009年に自伝『「大草原の小さな家」主演女優の半生記 「ローラ」と呼ばれて』を発表し、過去にアルコールやドラッグ中毒であった事を告白した。

この時点では惜しくも受賞とはならなかったものの、スペシャルドラマ Which Mother Is Mine? 数々の有名ドラマシリーズのゲストや有名映画の脇役をこなす。

(只やはり、彼女のフィルモグラフィーには、この手のセクシー役が多い時期があるようですね・・・) 現在も、メリッサは「細々」ではありますが、活動は続けている様ですね(スーを外してメリッサ・ギルバートとして)。

99年の「グリーンマイル」では主人公トム・ハンクスの老年時代を演じ、オープニング早々の登場でファンを喜ばせてくれた。

1981-1985• ドラマの中では、屈強なイメージの父さんだっただけに、あまりにも早過ぎるお別れでした。

1973-1975• 「シンシナティ・キッド」ではスティーブ・マックイーンの恋人の父親役で、マックイーンに手品を見せてもらってびっくりしていたシーンは微笑ましかった。

93