発酵 調味 料。 JP2015181414A

このように減塩に、役立てることができるのです。

000 description 3• 000 claims description 2• 【0017】 本発明でいう「自己消化」とは、鰹、鮪類内臓のうち幽門垂由来の蛋白質分解酵素活性により原料由来の蛋白質がペプチド、アミン酸に分解することをいう。

000 description 1• 000 description 8• 【0003】 これら伝統的な魚醤油の製造方法は、一般的には原料魚介類に、雑菌による腐敗防止の目的で20%以上となるように塩を配合して、樽、タンク等の容器に漬け込み、時々攪拌しながら、数ケ月〜3年間程度の自己消化工程を経た後、固液分離、火入れ、精製、殺菌等の工程を行ったものである。

松本醤油商店・松本公夫さん(埼玉県) 製品 天然醸造の定義 速醸 らでぃっしゅぼーやの考え方 酢 静置発酵醸造。

000 claims description 4• 000 description 1• そのため、腸内環境を整えることができ、夏に溜まった疲れが出てくるこの時期の疲労回復にも効果的です。

240000004808 Saccharomyces cerevisiae Species 0. 239000003795 chemical substances by application Substances 0. 000 claims abstract description 26• 235000013922 glutamic acid Nutrition 0. 【0012】 また、請求項5記載の発酵調味料の製造方法は、請求項1〜4記載の発酵調味料の製造方法において、魚介類は、鰹、鮪の加工処理時に生じる、頭部、ハラモ、内臓、皮、ヒレ、尾の何れかである。

000 description 1• 000 claims abstract description 18• 239000007788 liquids Substances 0. Pending Application number JP2002278407A Other languages Inventor Toshiyuki Aoki Yukiaki Fujitsuka Akiyoshi Maehashi Yukihiro Matsuura Mineo Suzuki 前 橋 明 佳 松 浦 幸 宏 藤 塚 征 昭 鈴 木 峰 男 青 木 利 之 Original Assignee Ajinomoto Co Inc Katsuo Gijutsu Kenkyusho:Kk Yanagiya Honten:Kk 味の素株式会社 株式会社 かつお技術研究所 株式会社柳屋本店 Priority date The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. 230000000813 microbial Effects 0. 000 description 1• 000 description 1• 3.肉や魚の消臭 みりんに含まれるアルコールが素材にしみ込み、熱が加わって蒸発するときに、肉や魚の臭みも一緒に飛んでいくことで、食材の臭みを消す効果があります。

230000000717 retained Effects 0. 210000001187 Pylorus Anatomy 0. 栄養豊富な旬の食材と効能、それぞれの特徴を生かした身体に優しいレシピ作りに定評がある。

000 description 1• 「米みそと麦みそは炭水化物の米や麦を原料に加えることで微生物の力で発酵が促されます。

241000894006 Bacteria Species 0. 【0039】 また、請求項5記載の発酵調味料の製造方法によれば、上述した請求項1〜4記載の発明の効果に加え、鰹、鮪の加工処理時に生じる、頭部、ハラモ、内臓、皮、ヒレ、尾等の魚介類を利用することができる。

000 description 5• 000 description 1• 読書 reading 醬油味噌酢はすごい. 239000004220 glutamic acid Substances 0. 235000019733 Fish meal Nutrition 0. 000 description 1• 235000013305 food Nutrition 0. 000 description 1• 230000001953 sensory Effects 0. 239000000047 products Substances 0. 239000010902 straw Substances 0. 実施例1の発酵調味料は魚醤油の特徴である「後味のコク」「あつみ」「複雑味」を従来法とほぼ同等に保持していた。

229920002472 Starch Polymers 0. また、上記糸状菌は、醤油用種麹、味噌用種麹などとして市販されており、容易に入手できる。

238000002360 preparation methods Methods 0. フランス語で酢は"Vinaigre"といいますが、これは酸っぱいワインという意味です。

000 description 1• 235000019645 odor Nutrition 0. 000 description 1• 本発明に使用する好適な原料は、鰹、鮪の加工処理時に生じる、頭部、ハラモ、内臓、皮、ヒレ、尾の何れかが良い。

焼酎や餅米、米こうじで作られる純米みりんとは別物ということを覚えておきましょう。

酢は酒を発酵させてできることから、国ごとの酒の文化と密接に関係しています。

86