部屋 を きれいに する。 部屋がキレイな人がやっている、7つのコツ

床に物を置かない 「床にできるだけものを置かない」(回答多数) 「床にものを置くとホコリがたまるので、ぶら下げたりかけたりするようにしています」(26歳・会社員) シンプルながら大事なこと 心が綺麗になるから 部屋は自分の心を映す鏡だといわれます
カゴや収納ボックスを活用する• 出した物は出した場所へしまう• たんすを引き出しっぱなしにする癖があるとか 寝室の掃除、換気 寝室は寝ている間にエネルギーをためる場所なので、綺麗に保つ必要があります
家具の点数が多くても、床や壁になじむ色を選んだり、床の見える脚付きの家具にする それで後悔したことはほとんどありません」(25歳・会社員) そしてそんな「ものを捨てる」問題のときに、まず間違いなくぶち当たるのが「いつか使うかもと思って捨てられない」という思い
思い切ってものを捨てることで、これらの 執着を断ち切ることができます 朝に1分間の掃除 「掃除する場所が多すぎて、どれから手を付けていいかわからない!」という人は、 朝に1分間だけ掃除をすることを日課にしてみてください
朝は忙しいかもしれませんが、たった1分間だけ掃除や片付けをすると決めてやってみると、朝の忙しさに紛れて1分間の掃除はあっという間にできてしまいます 本棚に入りきらない本はブックオフなどに売り、雑誌は廃品回収に出します
もくじ• 便器を掃除するだけでなく、手ふきタオルや便座カバーを綺麗に保つことも大切です 缶詰や乾物、ジャムや調味料など賞味期限が長い食品は安い時にまとめ買いして保管しておく、という人が多いことでしょう
ちなみに私の行動力のある友人宅も、小さい子供とペットを飼っていながら、部屋がいつもめちゃめちゃ綺麗でした! 思ったらすぐにやる!という行動力が、掃除の時でも出ちゃうみたいです 結果を見てみると、「キレイな人の部屋の仕組み」が見えてきました
片付けたいのにそれができないのは、片付けてしまうと余計に寂しさを感じてしまうからかもしれません 理想のおしゃれな部屋の中で暮らしたいですし、一度理想を手にしたらそれをしっかりキープしていきたいと思うのが、人の心理です
40