メジャー 女性 gm。 MLB史上初の女性GMが誕生 マイアミ・マーリンズ新GMのキム・イングについて

選手契約のスペシャリストであるアングに目をつけたのが、ニューヨーク・ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGM。 シカゴ大学を卒業し、公共政策の学位を取得した。 そこでイング氏を知るためのいくつかの事実をここに紹介しよう。 28歳でアメリカン・リーグの事務局に転職。 ヤンキース入り後は松井秀喜氏の獲得に尽力。
37
ヤンキースとドジャースでGM補佐、大リーグ機構の運営部門の幹部などを歴任した。 何度もGMの候補に挙がっては…. 女性初というだけでなくアジア系米国人としても初ということで、アジア系コミュニティーの間でも歓喜の声が上がっている。 メジャー史上初となる女性GMの起用で、球団によると、北米の男子プロスポーツにおいても過去に例がないという。 大学を出てからMLBのキャリアをひたすら突き進んできたというご経歴で、これはもうむしろ憧れる人が多いのではないかと思います。 プレーヤー以外でもMLBに関わるにはこういった方法もあるということですね。 しかし、21世紀に入ってから、球団の「投資効率改善」の経営的側面と、現場での「成績改善」とのあいだに一線を画した方がいいとのトレンドが生まれ、ジェネラル・マネージャーの上に、「プレジデント・オブ・オペレーションズ」という経営職階の新ポジションをつくり、経営と現場の分離を進めることでチーム力の強化を図っている。 MLBオフィス 2011-2020 ドジャースを去った後は、今度はジョー・トーリに迎え入れられ、MLBオフィスのベースボール・オペレーションのシニア・バイス・プレジデントに就任。 彼女の弁護士としてのキャリア、父との葛藤、父が偏屈になった訳など様々な人生模様も織り込まれた名画です。