この アカウント の 所有 者 は ツイート を 表示 できる アカウント を 制限 し てい ます。 Twitter巻き込みリプがうざい!確認・解除・制限する簡単な方法

Learn 」と表示され、返信をしたのや返信内容ができないがあり。

アカウント「ロック」と「凍結」の違い Twitterのアカウント利用の停止には、「ロック」「凍結」「永久凍結」の3段階があります。

Learn more」と表示され、 返信をしたユーザーのIDや返信内容が確認できない場合があります。

鍵アカウントさんへはどう対応すべき? 鍵アカウントさんはみんなそれぞれ何かしらの理由があって鍵をかけていらっしゃると思いますが、鍵アカウントの方たちとどう付き合うかは人それぞれでいいと思います。

まとめ Twitterでブロックされた相手や人数を確認する方法、ブロックされたらどうなるのかについての解説は以上です。

このように、ツイートへの返信が表示できない際に、このような表示に鳴ることがわかります。

39
相互ブロック件数に表示されている人数の何人かは、この「ブロックしたアカウント」の一覧に表示されているユーザーということになります しかし、場合によっては何度かサポートチームとやり取りが必要なこともあるでしょう
詳細はこちら」といった警告文を目にするよね 今回はなぜ自分に対して表示されないのかですが、鍵垢だったからというのがわかりますね
具体的には、• 返信時にはオプションが表示されない リツイートや引用リツイートは制限できない この機能では返信を制限することはできますが、公開アカウントの場合はリツイートもしくは引用リツイートを制限することはできません 「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています
機能が制限される期間はケース・バイ・ケースですが、制限期間の日数は画面上にて事前に表示されます 相手のフォロー数やフォロワー数すらも見ることができません
頻繁に巻き込みリプを繰り返してしまうと、巻き込んでしまった相手から迷惑行為と見なされ、トラブルになるケースも少なくありません 特に拡散数の多いリツートにリプライをすると、返信先に複数のアカウントが表示されやすく、注意喚起をお願いするコメントも目立ちます
というのも、「複数アカウント」の規定自体は、「攻撃的な行為」の欄の中にあります Twitterのリプライを見ていると稀に「 このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています
ツイートが削除されてしまった以上、確認する方法はありません 「このの所有者はを表示できるをしてい
しかし、同じIPアドレスで大量のアカウントを作成したことにより、ロックされてしまうケースがあるようです 投稿者が違反ツイートを削除するまで「このツイートは表示できません」と強制的に非表示扱いになります
ただし、相手が鍵垢の場合は中身のツイートは見れない Twitterアカウントの「ロック」とは アカウントロックとは、Twitterからの警告のようなもの