トミックス。 会社方針

今回製品の前面窓は側面が固定化されたタイプになっていて、トミックスでは初モノである このスーパーミニカーブレールは版のスペースの中にエンドレスレイアウトを作る事ができる
付属インレタはおなじみの内容で、車番、編成番号のほか禁煙マーク等一通り収録されている 分売パーツの適合車種につきましては、当ページでは製品の詳しい知識をお持ちの方が参考にできる程度の掲載のみとなっております
今後の新幹線車両は全周幌が主流になるだろうし、0系などのように従来製品がわずかな部品交換のみで通電カプラー化できるとなると、今後TSカプラーの採用は新製品、従来製品の改良ともに厳しいというのが実情だろう 「改良型」では主に、見た目に関する改善がメインとなっていることがわかる
- トミーとの合併に伴い、販売がに移管される 1998年度から総合カタログなどに掲載されていた予定品のうちのみ製品化されず、2014年度のカタログで発売予定が取り消された
F17編成は1998年に長野新幹線対応改造を受けてF80編成となり2004年6月で引退している 旧塗装はE3系「つばさ」新塗装とは併結実績はない
フルカラーはそのままでは表現されていないので、自作が社外品 あれば ステッカーで また、J70編成以降ではカバー周辺にリング状の分割線が追加されている編成が存在するが、今回製品にそのモールドない
貨車 [ ] 「トミーナインスケール」の頃より種類は豊富で、など特殊な車両まで展開している 今回は旧塗装の比較はできなかったが、この分だと旧塗装同士でも差があるのかもしれない
トミックス分売パーツは、トミックス取扱店でお求めいただけます ただ、併用軌道を路面電車が1両で走っている状況なので、筆者には バスが交差点を曲がっている程度の絵にしか感じなかった
ポイント類については品質を大幅に改善した(下記) 正直なところ、伸縮式である恩恵はほとんど得られていないように思う
39
連結は両車を当てるだけ、切り離しは片方を持ち上げるという、カトーのダイアフラムカプラーに似た操作性である。 付属インレタはJ71 基本セット分はデフォルトで印刷済み ・72・75編成を収録。 性質上、長い編成ほど効果が大きい。 同社の新幹線模型は独自の伸縮カプラーを装備している。 写真は省略したが今回製品のヘッドライトも3次曲面になっているので正面から見ると少し横に引っ張られているような形状になる。
99