レッド ツェッペリン。 1971年 レッド・ツェッペリン初来日の全音源

「オール・マイ・ラヴ」(1979年 原題:All My Love) ジョーンズによるうねりのあるシンセサイザーソロが印象的で厳かな「オール・マイ・ラヴ」は、ペイジが作曲者にクレジットされていないツェッペリン作品2曲のうちの1曲。

テレビでの演奏を拒否し、プレスに対し辛辣な態度を取るなど常にと距離を置いており、最初期を除きテレビでは殆ど演奏しなかった。

外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 これら日本での全音源を含め、1972年のライブをブートで追いかけてみたい。 1979年にやっと久々のアルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドア In Through the Out Door」を発表し、活動を再開しますが、その直後1980年にジョン・ボーナムが急死。 これよ。 シンコー・ミュージック・ムック『レッド・ツェッペリン Q スペシャル・エディション』刊、2004年。 には、ペイジの監修による映像作品『』が発売された。 同船は2005年より2年の契約でダイヤモンドで有名なにリースされ、地質調査に従事していた。 ジェフ・ベックが脱退した後、リード・ギターを弾くことになりました。 長年の活動の中で、バンドは、、の楽曲なども取り上げている。
30