大角 玉屋。 いちご大福発祥の和菓子店「大角玉屋」とは?

【INFOMATION】 大角玉屋オフィシャルサイト。
そういうものかもしれないですね。 お店自体もずいぶん変わってきましたね。 同店のものは、餡の甘さや餅のコシが勝ち過ぎていないため、いちごの酸味と食感が引き立ちます。 私が行った大角玉屋銀座店では、お取り置き可能とのことでしたので、いちご大福がどうしても食べたい方は事前にお問い合わせしてみてください。 生の果物が和菓子にそのまま使われることはほとんどなかった当時。 バナナがそのままが入っていて、和風バナナロールケーキみたいでした。 例えば、夏は6月、7月、8月とありますが、6月はちょうど春が終わって目に新緑が移るようになるので、笹や生姜を使ってちょっとさっぱり系にしてみたり。 大角玉屋にFAXで注文することができますよ。
近年では、「 水無月」が全国に少しずつ広まり、関西地域以外でも販売する和菓子屋さんが増えてきていますね。 荒木町のあたりは、奥に入ると細い道があって、路地に打ち水をしてしっとりした感じがいいんですよね。 大福ってすぐに固くなってしまうので、お客様も買ってすぐ召し上がりますからね。 そんな「元祖いちご大福」として知られている大角玉屋ですが、いちご大福以外の様々な和菓子も魅力の一つです。 接続路線がないこともあってか、地価が比較的抑えられているのです。
70