アメダス レーダー。 アメダス

Notice If the animation of clouds is not smooth enough, please try the latest browsers. またウェブ上でも10分おきの観測値が発表されているので「いま、このあたりに雨が降っているか?」ということを確認するには最適です。 積雪面との反射時間の変化を測定するタイプの超音波式積雪計を使用。 のちに英語訳が "Automat ed Meteorological Data Acquisition System" に変更されたが、特に略称の変更の必要はなかったためそのまま使用されている。 (ウェザーニューズ、KDDI) 外部リンク [ ] 資料 [ ]• 課題 [ ] アメダス観測は、観測精度の観点から観測所付近の環境保守管理が必須条件となる。 1985年10月 - 太陽電池式日照計(新型)• 名称 [ ] 「地域気象観測システム」の英語訳が "Automatic Meteorological Data Acquisition System" であった時代にその略称を考えた際、単にAMDASとするのではなく、AMeDAS(雨出す)としたほうがおもしろいとの提案 が採用され、略称を "AMeDAS"、その読みを「アメダス」とすることとなった。 5ミリ単位で観測(統計値は1ミリ単位、2008年3月26日より0. アメダスのデータは、気象庁ウェブサイトで公開されているような地図・表形式の観測値として利用されるほか、の入力データとしても用いられる。 おもに雪の多い地域で観測。
3

ただし、レーダーが観測しているのは上空の雨粒なので、地上に到達するまでに蒸発してしまっていた、ということもあり得ます。

雪・あられなどは溶かしての水にし、雨と合わせて計測する仕組みになっている。

ただ、アメダスの観測地点は日本全国に約1300箇所「しか」ありませんので、家の近くに観測地点が無ければあまりアテにはできません。

積雪計は日本海側・山岳地の豪雪地帯などに集中的に設置され、それ以外の地域では気象台に併設するアメダスのみ設置となっている場合が多い。

また積雪が非常にまれな暖候地では、気象台も含めて1台も設置されていない県がある(静岡県・宮崎県・沖縄県など)。

27
10分ごとの観測は行わず、1時間ごとの観測 Color Legend of Radar Images The following shows the color legend of radar images. 2005年10月 - 回転式日照計• Current motion of rain clouds can be checked by zooming in or out, which is useful as a disaster information tool about rainfall and snowfall. 通常の観測網とは別にや火山などで大規模な災害が発生し、地盤の緩みやの堆積などによって、通常よりも弱い気象現象で災害が発生する危険性が長期的に継続する場合および観測所自体が被災した場合にはアメダスの臨時観測点が設けられることがある
各地域のの記録やを強化していくためには、・・などの気象状況をきめ細かく、より迅速に把握することが求められる 観測開始 - 太陽電池式日照計(旧型)• このレーダー・アメダス解析雨量と降水短時間予報、これまでは1時間毎に発表されていたのですが、6月2日からは30分に1回発表されることになりました
気象庁 防災気象情報. よって無人観測設備であるアメダスの環境保守管理水準をいかにして維持するかが課題となる 局地現象に対してはの方が効率的であり、近年はこちらが増強される傾向にある
風の速さを1単位で観測 風向風速 [ ]• Real-time weather radar images Echo Intensity are shown on Google Maps. 日照に関しては測器の変更が行われている
開始当初は気象台・測候所・特別地域気象観測所(154か所)およびアメダス観測所(230か所)の計384か所が接続された また、さらにその周囲は開けた場所とし、樹木や建物などによって日光が遮られたり、風通しが悪くなったりしないよう配慮されている
ただし、気象官署では測器が異なり、1996年1月までは回転式日照計、2月以降は太陽追尾式日照計を用いている 「」の印象と相まって、やなどの名称に使われることも多い
雨・風・気温・日照時間を自動的に観測している、天気予報でおなじみの観測データです 今までただのレーダー画面を使っていた方も、これからはレーダー・アメダス解析雨量を見てみることをオススメします
アメダスデータ等統合処理システムへの移行が行われた地点は0. 設置される機器をみると、まず観測データを集めてアメダスセンターに送ったり電源を供給したりするデータ変換装置がに収納される形で設置される 近年では、ににあるアメダスの温度計を含む通風筒にが巻きついていたとする報道 を受け、気象庁がアメダス全1,277か所の緊急点検を行い、京田辺は気温・雨量、ほか14か所は雨量観測に不適切な環境であり、京田辺を含む7か所で実際に観測結果に影響があったとして、気象庁の統計に用いないこととした事例がある