カルボ システイン 250mg 子供。 医療用医薬品 : カルボシステイン (カルボシステイン錠250mg「JG」 他)

内科や耳鼻咽喉科、小児科などで広く処方されています。

・ドライシロップが出て、より内服しやすい味になったが、クラリスドライシロップと混ぜると苦みが強くなるのが難点。

・去痰作用だけでなく、粘性鼻汁の排泄作用もあるので感冒の治療には効果的であり、他剤と比べて使いやすい。

・嚥下性肺炎の患者に使うことが多いので、痰を減らす作用のあるカルボシステインをよく処方します。

そのため、カルボシステインを飲んだ後は鼻水が流れやすくなって鼻づまりが改善されます。

ムコダインなどの医療用医薬品は薬効成分が単独で配合されている場合が多いですが、咳止め薬や総合風邪薬のような市販薬は複数の薬効成分を配合している場合がほとんどです。 しかし、その特許期間等が終わると、他の医薬品メーカーでも同じ成分の医薬品を製造・販売することができるようになります。 大きな副作用がないこと。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する. 目の充血• また、子供に限った場合のみですが、中耳炎の一種である 滲出性中耳炎の薬として処方されることもあります。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 ・上気道にも下気道にも効くから。 カルボシステインは主に• また市販薬の中にもカルボシステインを含有する商品はたくさん販売されており、多くが総合感冒薬、いわゆる風邪薬の成分の1つとして配合されています。 カルボシステインの成分について解説していきます。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
19