ウォリアーズ 対 セルティック ス。 ボストン・セルティックス

このシーズンにとを獲得したセルティックスはチーム史上初の優勝を経験。

バードはに、マクヘイルは1993年に引退し、パリッシュが1994年に退団すると、将来を嘱望されていたが急死したこともあり勝率5割を下回る低迷期に入った。

NBA自体も、試合のハイライト映像をデジタルトレーディングカードとして売買することができる『』を昨年リリースし、NFTのプラットフォームを利用していることが大きな話題となった そのほか、オールスター出場9回を誇るクリス・ポールを擁するロサンゼルス・クリッパーズが、デイミアン・リラードを中心とするポートランド・トレイルブレイザーズと敵地で対戦するカードも注目だ
683 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 優勝 セルティックス 4, 2 セルティックス 4, 1 セルティックス 4, 3 1974-75 60 22. 573 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ウォーリアーズ 4, 2 4, ウォリアーズ 2 2013-14 51 31. しかしその後シーズンハイとなる14連勝を重ねることとなり、3月16日の戦に勝利したことで3年連続パシフィック地区優勝を決めた : 2005-2010 C• あの印象的なテーマ曲(ブラック・サバスの「アイアンマン」)に乗ってマネジャー(ポール・エラリング)と3人で走ってきてリングに上がり、2~3分でカタをつけて嵐のように去っていく
プレーオフ2回戦は率いると対決した :1951-1961 C 50 -セルティックスの選手コーチの他、ロサンゼルス・レイカーズのコーチとしての貢献で殿堂入り
549 1回戦敗退 4, セルティックス 3 2005-06 33 49. 543 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 敗退 ウォリアーズ 3, 0 ウォリアーズ 4, 2 4, ウォリアーズ 2 1967-68 43 39. :1956-1965 C• 土壇場で再逆転に成功した では2年連続でと対決することとなった
2018年4月30日閲覧 楽でしょ(笑い)
12点リードで迎えた後半、第3Qに6点差まで追い上げられたが、その後再び突き放して連勝を飾っている ホームに戻った第5戦も終盤までせっていたが勝利し結局4勝1敗と寄せ付けず、2年振り5度目のチャンピオンに輝いた
: 2004-2010 C• アウェイ成績は歴代1位の34勝7敗を記録した(それまでは1995-96ブルズの33勝8敗) 記録ではカリーが1シーズンの3ポイント成功記録数を272に更新した
:1968-1975 C• Top defenders this season by defended field goal percentage with a minimum of 100 DFGA: 1. :2001-2007• 591 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 セルティックス 4, 2 セルティックス 4, 3 4, セルティックス 3 41 40. 10得点、13リバウンド、15アシスト、3スティール、2ブロックを記録。 セルティックスは、から となっていたを獲得し、チームへと新たに加え、再始動を切った。 末期からの期間は、や、など有名な選手を擁していたが、プレーオフに進出できないシーズンが続いた。 セルティックスは1980年代のNBAでとともに覇を競い、と、にリーグを制した。 1947年 NBA優勝リング(25点)• NBAシーズン最多勝利(73) - ウォリアーズ対グリズリーズ、2016年4月13日(10点)• 彼はこのクラブの歴史に残ったんだ。 ボストン近辺はが多く移民した土地であったことにちなんでいる。 眠れる獅子は、カリフォルニアの地でいよいよ目を覚まそうとしている。