パキラ 葉っぱ 茶色。 パキラの葉っぱが枯れても大丈夫な時とダメな時の違いは?対処法は?

冬は休眠期に入りますので、2週間に1回ぐらいのペースのような気がします。

長期間日光に当たらずにいると、日光を求めて茎が細く伸び、樹形が崩れて不格好になってしまいます。

そのため、初心者でも怖がることなく剪定することができますよ。

それから直射日光で葉焼けを起こしてパキラが枯れた場合は、レースカーテンで遮光したり、直射日光が当たらない場所に移動したりするといいですよ。

また、土がカチカチに固まってしまっている場合は、保水力がないために水をいくらあげても根に水が届かないことがあります。

最後にもう一度整理しましょう!. パキラは冬になれば葉が落ちたりしますが、根腐れなどしていなければまた生えてきます。

最近、寒い日が続きますね。

1-4-1.ハダニ ミカンハダニ、カンザワハダニ(赤色)、ナミハダニ(黄緑色)など種類が豊富なクモの仲間。

パキラ2鉢育ててますので良かったら参考にして下さい。

76

葉のボリュームが増してきたら、定期的に剪定をしてあげましょう。

虫の写真が掲載されていますので、覚悟してご覧ください。

葉に褐色などの斑点がでたり、斑点が増え続けたり拡大する場合は糸状菌(カビ)・細菌・ウイルスなどの病原菌や害虫の被害。

この時期、多少の葉っぱの変色は 仕方ないと割り切るしかありません。

すると不要な葉っぱであれば 簡単に取れてしまうのです。

パキラの葉に元気が無くなったり、硬かった幹が柔らかくなっていたら根腐れを起こしています。

また、直射日光によりパキラが枯れた時の症状は、葉っぱが強い日差しで焼けて葉焼けを起こし、色が白く変色します。

水のやりすぎに注意して管理すれば2週間程度で新芽が出てきますよ。

4.その他のトラブルと解決法【初心者〜中級者向け】 ここでは日常でパキラを育てているとき起こりがちなトラブルをQ&A形式でお答えします。

86 71