バイデン 不正 選挙。 バイデン政権の司法省がアリゾナ州の監査を停止させようと介入し、マリコパ郡は選挙関連機械の提出を拒否——民主党側は次々と監査妨害を試みるも、マリコパ郡の選挙不正疑惑が次々と明るみに

しかし、SNS上やトランプ氏を支持する小規模な極右系メディアを中心に、「大統領選で不正があった」という書き込みがシェアされ、強固なトランプ氏支持者を中心に、不正が実在したと固く信じる状態となっている。 渡部氏は「彼らはタイトルだけをみて判断する。 アメリカでは、メディアや政治学者、アナリストなどからのトランプ氏の言動に対する批判が収まらない。 渡部氏は、日本政府の現在の安全保障への取り組みでは、陰謀論を唱える声を減らすことはできないと考える。 結果はバイデンの勝ちとする人達が、きちんと説明ができていたり、 結果を受け入れられない人達も冷静に話を見たり聞いていれば今の酷い状況にはなら無かっただろう。 その理由は、 「マリコパ郡保安官事務所および多数の連邦政府機関が利用する法執行データに対して重大なセキュリティリスク」があると言われているため。 しかし、これまで不正選挙としてる画像や動画は「組織的な不正行為」を裏付ける証拠等ではなく「個人が不正っぽい事をしてる」ものでしか無かった。
37
FBI捜査官のピーター・ストラックは、彼の愛人でFBIの弁護士であったリサ・ページと2016年の大統領選挙に関して以下のメールのやり取りをしていました 25 バイデン氏の勝利が報じられた11月7日、ペンシルベニア州議会前に集まり、選挙で不正があったと訴えるトランプ支持者たち=ペンシルベニア州ハリスバーグ、大島隆撮影 米大統領選から2カ月近くがたつが、トランプ大統領の落選を今も信じない人々が米国だけでなく日本にもいる
結果はバイデンの勝ちとする側は、あくまでも「数々の不審な現象(ジャンプして急に票が伸びた等)等はあるが証拠が無い限り結果を受け入れるしか無い 文在寅政権が米国の同盟国とは思えないような行動を取っているのも事実だ
民主党は、これ(監査)が政治的資本(政治家が有権者から得られる支持や信託)を破壊することになると気がついた 自分が信じていることを裏付けてくれる出所不明の権威のない情報に飛びついて、ファクトチェックをしないで信じている
創業者の事故死後に急成長した選挙集計会社 そんな中でも一部の注目を集めたのが、米軍が大統領選の不正疑惑を調べるため、ドイツに置かれていたサイトル(Scytl)社という選挙集計会社のデータベースを押収した……という怪情報だ このまま消されないで、残ってるといいです! ネットユーザーの反応です! ・その後のWBS?では、一切触れてませんでした
渡部氏は自身を批判する人々の特徴について「一言で言えばフェイクニュースによる影響工作に引っかかりやすい人たちだ 2008年の米大統領選挙ではオバマ陣営に大金を寄付し、前出のジョージ・ソロス氏とも関係があるとも噂される人物である
死者の名前を使って投票した、二重に投票した、有権者でないのに投票した…といったものが、少なくとも1325万票あったということになる 渡部氏が批判を受け始めたのは今年夏ごろだった
サイトル社は世界各地で選挙集計サービスを提供し、上述のドミニオン社のデータ管理を提供しているスペイン企業である 多くのユーザがそのコンピュータを利用するためにパスワードを使ってアクセスしますが、管理者としてログインできるのは一部の人たちだけです
しかし、バイデン側(陣営、民主党)が不正選挙をしたとする証拠として、それらが「 バイデン陣営(もしくは民主党)が組織的に不正投票及び不正集計を計画して実行した(させた) 「菅政権は、なぜ早々とバイデン候補の大統領選勝利の祝意を伝えたのかを国民に説明すべきだった
しかし同年、その大騒ぎを横目にCarrier IQ社に堂々と出資していたのがナウタ・キャピタルとエンディコット氏だった(ちなみにCarrier IQ社は、2009年には中国のファーウェイとも提携している) 統計学や数学を理解している私たちは、2020年の選挙が偽りだったことをすでに知っているが
すべての経緯が頭に入ってなければここまでスラスラと出てこないはず 「朝日新聞など、彼らが批判するメディアの中には良い記事や読むに値する記事も書いている事実をまず認めるべきだ
79