旭化成 マイクロ システム 火災。 音響機器の生産に遅れ 旭化成の半導体工場火災が引き金:朝日新聞デジタル

工場では主に音響機器やスマートフォン向けの半導体集積回路(LSI)を製造していた。

このほかにも、在宅勤務で使うパソコン向けの納入も活発だ。

今回のルネサスの火災は、旭化成の場合とは異なり、焼損はクリーンルームの一部 約600m 2 にとどまったことから、現場検証も3時間ほどで終わることができ、出火元や出火原因の特定がなされた。 火災が起きた「旭化成マイクロシステム」延岡事業所=10月、宮崎県延岡市 宮崎県延岡市の旭化成の工場で10月に起きた火災によって半導体の製造が止まり、楽器大手のヤマハなど音響メーカーを中心に生産や販売に影響が及んでいることが17日、分かった。 ただでえ、コロナ需要で製品受給がひっ迫しているオーディオインターフェイスの状況に追い打ちをかける可能性が高まっており、入手が困難になったり、価格が上がる可能性も出てきています。 かかしのひとりごと まぁ、元旦早々何をやってるんだという話ですが、完成車メーカーが1月から軒並み4~5割減産なんてことになったら結構穏やかじゃありません。 この記事を書いている時点で既に20日以上 経過していますが未だに被害の全容が不明。
76
すでに各メーカーでは該当商品の調査と他社製チップへの変更を行うための設計変更にあたっているようですが、カスタム製品を採用している機器では代替に時間がかかるものと思われ、納期が不確定となる商品が出始めております。 また、急速に発展する第5世代(5G)移動通信システム向けの需要が急増していることも調達不足に拍車をかけている。 答弁した有野公教市民環境部長は「旭化成側からは誠実に対応する旨の回答を得ている」と述べた。 宮崎県延岡市にある旭化成の半導体工場で10月に発生した火災を引き金に、納入先のメーカーで生産の遅れが起きている。 旭化成は、火災の影響を受けずに残った半導体を出荷しているが、既に底を尽き始めた。 今年の春以降、もともとオーディオインターフェイスは入手しづらい状況だったので、DTMユーザーとして、すでにとれる対策もないのですが、比較的高価なオーディオインターフェイスであれば、まだ流通しているので、どうしても欲しい人は早めに入手しておくのが得策かもしれません。 関係者によると、こうした要請を受ける形で1月下旬、TSMCと取引のあるメガサプライヤーの日本法人幹部が自動車メーカーを訪れ、半導体不足の背景を説明するとともに、4月以降の安定供給に向けて準備を整えていることを伝えたという。 もし本当に部品の供給がカメラメーカに対して行われていないとすると、新型コロナウィルスに加えて今回の問題でカメラメーカは本当にピンチになりそうで心配です。 さらに、手振れ補正機能もありますので、ひょっとしたら補正用の時期センサーなども利用している可能性もあるかもしれません。 けが人はいなかった。
29