牛耳 を 執る。 「牛耳る・牛耳を執る」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

79
牛耳るの文章・例文 例文1. 実際、助動詞「れる」は受身、自発、可能、尊敬のどのケースで使用しているのか判断が難しいです 尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類に分けられ、使い方も見極める必要があります
「牛耳る」の関連語 「牛耳る」の話に出てくる呉に関する故事成語には「」「」などがあります 「牛耳を執る」の由来 「牛耳を執る」は『春秋左氏伝』の中に出てくる、ある儀式に由来します
その会盟の際、犠牲に牛を供えますが、牛の左の耳をさいてその血を口のまわりに塗り、 血を廻し飲むのむ習いですが、盟主がその耳を取ったことからうまれました 「」のページでは孔子について詳しく紹介しています
ゆえに諸侯はその「周」を立てるための同盟を結成します
しかしそこから派生した「牛耳る」という言葉は非常によく使うと思います つまり組織の内側で主導権をとるのが「牛耳る」
34